35歳をすぎたあたりから、ちょっとした指先の切り傷や虫刺されの跡とかが、いつまでたっても治らない

20代までは、ちっちゃな故障なら2、3日光もすればすっかり治っていたのに、今なかなか治ってくれない。
なんでだろう?とずっと不思議に思ってたけど、今日これは年齢が要素だと気が付いてダメージ!
虫刺されの跡なんて数ヵ月たってもまだ残ってるし、昨年ノミに噛まれた跡もまだ消えてないんだけど。
治りにくくなったのは体の損傷だけじゃない。
心の損傷もなかなか回復しなくなってきた。
昔は、初々しいから思いがあったし、疎ましいことがあっても心に空白があった。
全てが嫌になっても、最初夜中悔し涙すれば、結構リフレッシュすることができてたのになぁ。
それが、四十路の今日、いざ泣こう!と思っても、なぜか泣けない。
ひどくやりきれないのに、若い頃みたいに山盛り涙が出ない。
いつまでたっても心的がスッキリ終わるので、圧力は溜まっていく先方。
それに加えて、若い頃にした鬱陶しい経験や、ずいぶん前に人から言われた不愉快ことを、なぜか今日やたらと思い出の心してしまう。
心身ともに急激に弱ってきているなぁ、と切なく変わる。鍼灸整骨院を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧